お年寄りは、ミカンの花咲く頃の歌が好きです

不思議と共通することを見つけました。お年寄りは、この歌が好きです。ミカンの花咲く頃です。地域が違っても、必ず、この歌で手の運動をされていることが多いです。安心感があるのでしょうか。お子さんのころに聞いた歌なのでしょう。
私などは、ミカンというと、芥川龍之介のミカンです。トロッコでしたっけ、トロッコを押して、遠くまで子供が付いて行ってしまうところです。違いましたっけ、誰かを汽車で見送る話でしたっけ。ミカンの味がすっぱいという映像ですか。混乱しています。どちらにしても、芥川龍之介の小説を思い出すのです。
冬の少し寒くなりかけ、家方離れて、遠くに行く、寂しい。という共通するイメージがわきます。冬は、こたつに寝転んで、ゆっくりしていたいですよね。こたつは邪魔になりますが、安心できます。それなのに、こたつもできていない自分がいて、情けないです。こたつに入ってくつろぐことこそが、日本人の故郷といってもいいくらいです。キャッシング スピード 融資