大事なのは集中して現実から目をそらす時間

このところ、忙しい。忙しいと本を読みたくなる。時間があるときは読まないのに、忙しくて疲れたり、面白くないことがあったりすると無性に本を読みたくなる。今年に入って何冊読んだろう?片道30分程度の電車の中で、ジーっと本を読んでいると、あっという間に最寄駅についている。その頃になると、頭も少しスッキリして今考えるべきことを考える気になるのだ。もしかすると仕事をしているときより集中しているかもしれないな(笑)読む本はわりとなんでもよくて、自分の身近にある世界の話もあれば、絶対にありえない話もあるし、決して戻れない過去(歴史)の話のときもある。小さな文庫本の中のでっかい世界でたまには主人公に自分を重ねたり、まるっきりの第三者になったりしながらストーリーを追っていると、どんどん周りの音が聞こえなくなる。いろんな現実を忘れる往復1時間、いわゆる現実逃避ってやつかしらね。でも、結構、大事なんだ。ずーっと張りつめてたら疲れきってしまうよ。本に夢中になってたら通勤ラッシュも忘れるし、頭の疲れもとれるし一石二鳥だ。今のところはまだないけど、そのうち気がついたら自分の降りるべき駅を過ぎていた、なんてことがあるかもしれない。出勤するときは気をつけよう。シボヘール 楽天