自分の知識のあいまいさを改めて再認識してしまう

最近、仕事で記事を書くことが多いんですよ。

ブログ調のゆるーい文体じゃなくて、キチンとしたフォーマルなものを。

こうやって文章を書いてみると、いかに自分の生活がなんとなくで済んでしまっているのかを実感します。

例えば記事で話題にするイベントが何年の何月にあったのか。
使っている道具の部品の名前。
ポスターに使われている色の名前。

わからないことが結構多く、記事を書く前にもう一度調べ直すことが多いです。

案外2500字くらいの記事だったら何も調べないで全部書けることは10記事に1つも無いかもしれません。

本来、文章を書くのは嫌いじゃない性格なんですが、さすがにこれだけたくさん書いているとだんだん嫌にもなってきます。
(という文章を書いていますが。笑。)

仕事になると好きなようには書けないんですよね。
そして、締め切りまでに書かなければいけない。

今は一時的に記事をたくさん書いている立場ですが、これが本業で仕事になると嫌になってしまうかも。
漫画家や小説家の方には頭が上がりません。

楽な仕事は、本当に無いなぁ。子供 アイトレーニング