香港で、おすすめのおいしい飲食店を紹介します。

香港で、おすすめのおいしい飲食店を紹介します。
MTRコーズウェイベイ駅の近く、MTR駅の直結するタイムズ・スクエアの地下にある、利小館(レイシウグン)というお店は、
飲茶や、おいしい、中華の一品料理が楽しめるお店です。
提供される料理は、麺類や、ご飯類、点心などあり、テーブルにある、オーダーシートに記入して注文するタイプのお店です。
海老を卵黄の衣で、揚げた料理の、湖北黄金蝦(68香港ドル)は、カリッとした食感で、香ばしく、海老の旨みが、しっかり感じられる
おいしい一品でした。また、生姜風味の魚の土鍋蒸し煮や、回鍋肉配胡蝶包(中華パンに豚肉や野菜の味噌炒めを挟んで食べる料理)なども
おいしかったです。その他、点心類は、22香港ドルほどからあったと思います。また、ご飯類は、38香港ドルほどからあったと思います。
そのほかにも、黄ニラとウナギの甘辛炒め(82香港ドルほどだったと思います。)も、それぞれの素材の旨みが、うまくマッチしたおいしい
一品でした。こちらのお店は、11時から23時までの営業です。vio脱毛 通い放題

子供の夏休み、ご家庭によってそれぞれの背景

ネット記事で、気になるものを読みました。
『夏休みが忙しい。 小学生の親たちがプランニングに奔走する理由』というタイトルです。
とても面白く、色々と考えさせられました。
共働きの場合、小学生の子供の夏休みは悩みどころです。私も経験者なので分かります。
低学年で学童保育を利用できる場合、勿論その機会を十分利用するのですが、ちょっと違う体験をさせたいと思った時に、対策を練らないといけないのです。
我が家では、特に上の子にはキャンププログラムを利用しました。
山、海、湖など、法人やその企画によって行く先は様々でしたが、特に水系のレジャーにご縁があったのか、上の子は、帆をつけた感じのサーフボード(名称不明・・・)、カヤックを漕ぐ、ヨットから湖に飛びこみ岸まで泳ぐ、火おこし、バーベキュー、寝袋で寝る、などなど、とにかくたくさんの経験をさせてもらいました。
ありがたいです。
でも、その前後の準備や片付けも、なかなかの労です。費用も馬鹿になりません。どこかに行くとなれば送迎はつきものだし、安全面も気にしないといけません。
それが、今は母の私が無職なので、「自由時間たっぷり」で、小さな親子企画を無理のない範囲で考えることができます。
片働きで収入は減ったとは言え、この点は、本当にありがたいと思います。
その”強味”を存分に生かして、子供の将来の力になるような時間をプレゼントしたいと思います。

靴を履かない、のんびり過ごす休日も悪くない

私は普段、休日はテーマパークに遊びに行きます。
しかし体力がないため、暑い夏は次の日が非常にしんどくなります。
仕事に影響を出さないのが社会人としての最低限のルールです。
休むのも仕事のうち、といいますよね。
私は休みの日も全力で遊ぶので、休むという仕事を放棄しがちでした。
最近では体力の低下を感じ、週2ある休みのうち、1日は休みに徹するよう心がけています。
1日は自分のために使い、1日は休みのために使います。
休むための休日は、朝目覚まし時計をかけずに寝ます。
お昼前に起きて朝食を摂り、SNSをチェックしたり、のんびり本を読んで過ごします。
撮り溜めていたドラマやアニメを一気に見たり、DVDを見たりして午後を過ごし、ウトウトしてきたところで昼寝をします。
1日中、靴を履かない休日も悪くないですね。
SNSで見るテーマパークの様子に心が惹かれることもありますが、1人でのんびり過ごす休日もいいかもしれないと思えるようになりました。
一緒にのんびり過ごせる人がいれば尚良いなと思います。